大腸カメラ

当院の大腸カメラの特徴

1:痛みの少ない大腸カメラ

中橋メディカルクリニックでは、腸に余計な負担をかけなない大腸カメラを行っています。数多くの内視鏡検査・内視鏡下手術を行ってきた経験と、最新の内視鏡検査機器の導入、お身体に負担をかけないさまざまな工夫により、お身体にやさしい大腸カメラ検査を実現しています。
検査に伴う痛みや不快感だけでなく、検査後に残るお腹の張りも大幅に軽減しており、とても楽に受けられる検査になっています。大腸検査はすべて院長がおこないます。非常勤医師は検査はおこないません。

2:寝ている間におこなう大腸カメラ

中橋メディカルクリニックでは、他院で受けた大腸内視鏡検査にトラウマがある方など、不安感がどうしても残る方には、麻酔剤や鎮静剤を使った検査も可能です。寝ている間に検査が終了しますので、負担はありません。使用する際には、患者さまの年齢や体重などを十分考慮した上で、慎重に投与しています。

3:腸に無理をかけない検査

大腸内視鏡検査時に感じる痛みや苦しさは、腸が引き延ばされることで起こっています。中橋メディカルクリニックでは、腸を引き延ばさずに検査できる手法を取り入れ、安全で不快感のない検査を行っています。

4:検査後の不快感を軽減

大腸内視鏡検査の大きな不快感として、検査後、長く残るお腹の張りがありました。当院ではこれを解消すべく、腹腔鏡外科手術に用いられる炭素ガス送気装置を導入しています。すみずみまで腸を観察するために検査では腸を膨らませる必要がありますが、空気を送り込むといつまでもお腹の張りが残ります。炭酸ガスは空気より吸収と呼気による排出を速やかに行えるため、検査後のガス貯留による腹部不快感がほとんどありません。

5:小さながんやポリープの早期発見

当院では高画質であるハイビジョンCCD搭載の内視鏡と高精細モニターを導入しているため、大きな画面で詳細に観察できるため、精度の高い検査がより短い時間で可能になっています。そのため、小さな大腸がん、ポリープの発見に有効です。

6:より楽で安全な大腸内視鏡検査のために

検査食について

大腸内視鏡検査を受けるにあたっては、事前に下剤を服用する必要があります。腸に余計なものが残っていると、それに隠れた病変を見落とす可能性がありますし、残った便が腸を膨らませて痛みや不快感が出る場合があります。
そうはいっても、大量の下剤を飲むのはなかなかやっかいです。2リットルの水分を摂取することが、一番つらいと思われる方もいらっしゃると思います。
そこで、当院では、検査前日に食べていただく検査食の『低残渣食』をご用意しています。前日にこれを食べていただけば、検査前に飲む下剤の量を減らすことができます。
メニューもいくつかありますので、ご興味がある場合にはお問い合わせください。

便秘について

大腸内視鏡検査を受ける際には、数日前から正常な排便があることが条件になっています。便秘の状態で大腸内視鏡に備えた大量の下剤を飲むのは危険です。もし、検査予定の日に便秘となっていた場合には、予約をキャンセルして、解消した上で別の日に受けていただきます。また、便秘になりやすい方は、ご予約の際にあらかじめご相談いただいています。

当院の腸管洗浄法は3通りあります

通常腸内は便で満たされており、このままでは観察できません。下剤によって腸内の便を洗浄し、腸の中身を空っぽにしてから肛門より大腸用の内視鏡カメラを挿入いたします。そのため前日から排便を促すための準備を行います。下記は当院で行っている3つの下剤服用方法です。

院内法
(定員2名)
自宅法 前日法
特徴・方法 ご自宅での下剤服用に不安がある方 自宅で自分のペースで下剤服用をしたい方 検査前日昼と夜に下剤を飲みます
長所・欠点 体を動かないと腸がきれいになる(空になる)までに時間がかかる 遠方の方は近隣の宿泊施設を利用していただくこともあります 頑固な便秘などの方は腸をきれいにするのに時間を要するのでこのやり方がおすすめ
来院回数 2回以上
(人間ドックの場合は1日)
2回以上
(ご本人の事前来院が必要になります)
2回以上
(ご本人の事前来院が必要になります)
受けられない人 腹部手術後3ヵ月未満の方 腸閉そくの既往(直近3年間)がある方 腸閉そくの既往(直近3年間)がある方
検査開始時間(目安) 11:00~15:00 10:30~15:00 8:30~11:00
1.8㍑の下剤内服開始時間 当日
朝7:30~8:30
当日
AM5:00~AM8:00
前日
夜PM6:00~PM8:00
下剤を飲む場所 クリニック 自宅 自宅
来院から帰宅までの所要時間 6~7時間 2~3時間 2~3時間
検査可能曜日 月、火、水、木、金、土(日祝を除く毎日) 月、火、水、木、金、土(日祝を除く毎日) 月、火、水、木、金、土(日祝を除く毎日)

■下腹痛が強い方、腹部に大きな手術痕がある方、過去(3年前以内)に腸閉そくで入院したことがある方は、原則【院内法】のみとなります。

高血圧や糖尿病の治療が不十分な場合は治療後出血などの合併症のリスクが高まります。持病がない方でも、術後1週間は中等度以上の労作業禁止、禁煙、アルコール禁酒などの制限事項があります。 術後1週間は旅行、出張、長時間のドライブなどはお控えください。万が一、治療後の下血などの症状がみられた場合は当院へご連絡ください。

【院内法】は施設利用料2,500円を頂きます(自費検査の方は追加料金はありません)。
*人間ドックで申し込まれた方の中で保険診療が可能な方がいらっしゃいます。自費診療(人間ドック)と保険診療では自己負担額(自己負担率)がことなりますので、お電話、もしくは問い合わせフォームで事前にお問い合わせください。大腸内視鏡検査を受ける方は、希望に応じ胃カメラ検査も同時に受けることができます。

大腸内視鏡検査の流れ

【院内法】
  1. 前日は消化のよい食事をとります。排便を助ける前日用の検査食も用意しています。
  2. 前日夜8時までに食事を終え、就寝前に10㏄の下剤(ピコスルファート10ml)を内服します。
  3. 通常はこの10ccの下剤で翌朝方~起床時に排便(軟らかい便)がみられます。
  4. 検査当日朝8:20に来院していただきます。
  5. 院内で2時間かけて1.8㍑の下剤を服用します(腸管洗浄)。
  6. 約4時間で合計6~10回の下痢便があり除々に透明な排便になってきます。
  7. 透明な水様便になった方から順番に検査を開始します。
  8. ベッドで横になり点滴とお薬を投与し、眠った状態になり検査を開始します。
  9. 検査終了後眠った状態のまま安静室へベッドごと移動します。
【自宅法】
  1. 検査予定日の1週間前までに一度来院いただき、下剤を服用してもよい状態か診察します。
  2. 前日は消化のよい食事をとります。排便を助ける前日用の検査食も用意しています。
    (前日に食事を抜くとかえって腸管洗浄できれいになりにくくなるのでご注意ください)
  3. 前日夜8時までに食事を終え、就寝前に10㏄の下剤(ピコスルファート10ml)を内服します。
  4. 通常はこの10ccの下剤で翌朝方~起床時に排便(軟らかい便)がみられます。
  5. 腹痛・吐き気などなければ、決められた時間に当日用1.8㍑の下剤を服用していただきます。
  6. マグコロールとかかれた下剤は必ず15分間隔に200ccずつ飲んでください。早く飲みすぎるとかえってきれいになりにくくなります。
  7. 下剤を飲み終わる頃に排便の状態確認のためお電話連絡いたします。
  8. 前日10ccの下剤(ピコスルファート)で反応便がなかった方は腸管洗浄の完了まで時間がかかる場合があり電話で指導いたします。
  9. 約4時間で合計6~10回の下痢便があり徐々に透明な排便になってきます。
  10. 検査予約時間の15分前にお越しください。
  11. ベッドで横になり点滴とお薬を投与し、眠った状態になり検査開始です。
  12. 検査終了後眠った状態のまま安静室へベッドごと移動します。
【前日法】
  1. 検査予定日の1週間前までに一度来院いただき、下剤を服用してもよい状態か診察します。
  2. 前日昼食までは通常通りです。前日用の検査食も用意しています。
  3. 前日昼後に10㏄の下剤服用があり、午後は下痢になることが多くなります。
  4. 夜18~20時に下剤2.4㍑(通常の方法より量が多め)を内服開始し(腸管洗浄)、約1時間で排便が始まります。
  5. 約4時間で排便がなくなります。その後食事をとらずに就寝します。
  6. 検査当日は朝食を取らずに来院します。水、お茶の飲水はOKです。
  7. 検査予定時間の15分前に来院します。
  8. ベッドで横になり点滴とお薬を投与し、眠った状態になり検査開始です。
  9. 検査終了後眠った状態のまま安静室へベッドごと移動します。

検査費用

1割負担 3割負担
大腸内視鏡 2,000円 6,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(1部位) 9,000円 24,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(2部位) 10,000円 27,000円
大腸内視鏡+ポリープ切除(3部位) 11,000円 30,000円
旧サイトはこちら 人間ドック予約 お問い合わせ MENUに戻る
クリニックブログ メールでのお問い合わせ